うまくいっていないのなら自分を変えるしかありません

ミドルエイジになっても結婚できなかったあなた。
正直、自分を変えないと未来はありませんよ。
若ければ、まだ、自分を変えなくても自分に合っている人に出会う可能性はあるでしょう。
でも、ミドルエイジになれば、同年齢や自分の好みの異性の年齢の人は、多くの人が結婚していますから、確率的に自分と合う人と出会う可能性はほとんどなくなります。
自分の行動を冷静に見直して、なぜ自分に出会いがないのかを分析知る必要があります。

どうしてもうまくいかなくて、でも結婚したいあなた

結婚相談所や婚活パーティーに出まくって、でも全くうまくいかないあなた。
一度、婚活から離れて、自己開発セミナーなどにいってみるのがいいかもしれません。
あなたが気づかないあなたのくせが、あなたを結婚から遠ざけている可能性はあります。
自分では気づかないけど、実は女性にかなり厳しく当たる癖があるとか、自分をさらけ出すのが苦手とか、あなたが気づかないけど、あなたの評価を下げてしまっている要因があるものです。
ミドルエイジの婚活をうまく進めるためには、婚活から一旦離れれて、自分の人生の進め方を考えなすことも必要かもしれません。

自己開発セミナーはどうも胡散臭い

そうなんですよね、自己開発セミナーってどうも胡散臭いんですよね。
いくら婚活から離れて自己分析しろと言われても、そういったことを教えてくれる自己開発系のセミナーって、すごく胡散臭く思えてしまいます。
それってなぜかといえば、お題目ばっかり唱えて実際にどう行動したらいいのかを教えてくれないからだと思います。
演習とかグループディスカッションを何回もやって、その場ではすごく自分のことを分析できたつもりでも、いや、自分の分析はできてるんでしょうけど、実際に明日からどう行動したら良いかを考えると、ハタと迷ってしまう。
セミナーでのやる気や宣言も、ここで一気に萎えてしまって、一週間も経てばただの人です。

能力取得セミナーに出てみよう

例えば私は速読のセミナーに出てみました。
速読ってスキルの習得とばかり思っていました。
確かにスキルの習得ではあるんですが、そのスキルを普段から使えるようになるためには習慣化する必要があります。
習慣を変えるための活動を一生懸命トレーニングするんです。
また、本はじっくり丁寧に読まなければならないという古くからの考え方も否定する必要があります。
自己開発セミナーでは、今までの自分を否定するためには演習などにより徹底的に自己否定しますが、能力取得セミナーでは、例えば速読のスキルを身につけるセミナーでは、繰り返しの練習により習慣を変え自分を変えるようにします

それでもセミナーは胡散臭いと思うあなた

とにかくセミナーは胡散臭くて嫌だ、と思うあなた。
そこまでだと、自分を変えることは無理で、今もし婚活がうまくいっていないのなら、もう絶対にうまくいくことはない!と言いたいのですが、実は別の方法があります。
あの「7つの習慣」で有名なフランクリン・ジャパン発売されている、フランクリン・プランナーを使うのはどうでしょうか。



胡散臭くないし費用もそれほど高くありません。
フランクリン・プランナーは、普通のシステム手帳のサイズであるバイブルサイズやA5サイズなどと微妙に大きさが違い、既存の気に入ったシステム手帳を使えないのが難点ですが、7つの習慣を毎日実践できるという点では大きいのではないかと思います。
7つの習慣という本も、自己開発セミナーのようで、確かに書いてあることはいいのですが、実生活にどうやって生かしたらいいのか結構悩むことが多いですが、この手帳を使えば、小さなところからコツコツと7つの習慣を身につけることができます。

関連記事

40代になって婚活を始める理由って?

結婚相談所って、本当に結婚できるの?

データで見る晩婚化(国勢調査の結果考察)

40代からの婚活にふさわしい方法:男性編

40代で婚活する人の男女別傾向と対策

華の会メールってどうよ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。