ライフログ管理による毎日の食事を管理

せっかくですから、ライフログ管理と一緒に、毎日の食事を管理し、毎日のカロリーコントロールをしてみましょう。

毎日の食事を記録

Fitbit Charge2のデータ管理画面には毎日の食事入力画面があり、主な外食チェーンや食材のカロリーが事前に登録されています。

登録されていないメニューや食材は、今は簡単にインターネットでカロリーをチェックすることができます。

場合によっては、成分まで調べることができます。

飲み会にも対応

アルコール類のカロリーも登録されています。

ビールはもちろんのこと、ウーロンハイとか生グレープフルーツサワーとか。

氷結とかのメジャーな缶チューハイどころか、サッポロクラシック、コエドビールなどのご当地ビールの登録されています。

日本酒はさすがに銘柄が少ないですが、銘柄によってカロリーがそんなに違うわけではないですから、日本酒1合とかで登録すれば問題ありません。

登録されていない食材は自分で登録可能

登録されていない食品のカロリーを調べ上げ、自分で登録していくのも楽しい作業だと思います。

主な外食メニューはカロリーが公開されている

ファミリーレストランや牛丼チェーンなどでは、メニューにカロリーが表示されていることもありますから、これを直接入力するだけで、摂取カロリーの入力は完了することになります。

カロリーがわからない食材のカロリーを調べる方法

自宅で調理したもの、居酒屋でのおつまみなど、カロリーが明確になっていない食材はたくさんあります。

でも、今はインターネットでいろいろな人が、そう言う食材のカロリーを調べて公開してくれています。

とりあえずスマホで写真を撮るなどにより食べた食材を記録し、後でインターネットでカロリーを調べましょう。

スマホを有効活用

ライフログ取得デバイスのほとんどは、スマホと連携することができます。

データを共有したり、デバイスで取得できないデータを入力したり。

入力したデータを管理し、ダイエット計画の参考にすることすらできます。

スマホのカメラ機能を有効活用

忙しい昼の食事時間にスマホを立ち上げてカロリーを入力するなんて結構面倒ですよね。

お酒を飲んでいるときなんか、そのうち記録しなきゃいけないことすら忘れてしまいます。

その場合は、写真に撮ってしまえばいいのです。

食事そのものの写真とともにメニューを取れば、メニューにカロリー表示がされていれば、後で簡単にカロリーを入力することができます。

自分以外の人の協力を得る

IDとパスワードを共有すれば他人も管理に参加できる

例えば、奥さんが旦那さんのダイエットをサポートすることができます。

旦那の消費カロリーと摂取カロリーをチェックして、厳しく指導することができますから。

奥さんや彼女、友達の指導があれば、厳しいダイエットも乗り切ることができるかもしれません!

関連記事

ライフログの心拍数の活用

家庭料理のカロリー把握

アラフォー・40代からの妊活に「運動」を取り入れよう

アラフォー・40代の婚活うつに注意

ライフログ取得で40代からの健康づくり

FitBit Charge2を使ってみた1

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。