40代になって婚活を始める理由って?

50台を過ぎたら、結婚できる確率が大幅に下がるそうです

国の統計では、50代以降の独身者を生涯独身者と分類するそうです。

つまり、統計上は、50歳を過ぎると結婚できる可能性が極端に低くなるということです。

中年になって婚活したくなる理由

こいったことから、アラフォーつまり40代になって、婚活をする人が増えているようです。

男性視点

大学卒業と同時に就職しそろそろ40台、いわゆるアラフォー。

若い時からガムシャラに働いてきたけど、そろそろ定年が視野に入ってくる時期。

自分には結婚は不要とは思っていたけど、自分の存在意義を高めるためにはやっぱり家庭を持ちたいと思うようになる時期。
最近はネットで婚活できるようになってきて、若い時よりは婚活が簡単になっているし、50代で結婚は、定年も見据えるとちょっと怖い。

女性視点

男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)が1986年に施行され、1997年に実情に沿った改定がされてから、女性を登用する企業が増えてきました。

今40代の女性は、この法律施行により男性と対等に働くことができるようになった最初の世代と言えます。

とにかく会社の中で一生懸命働いきて、気づけば結婚適齢期をとうに過ぎてしまって、妊活を考えると年齢的に限界が近づいてきているので、なんとかしたいとおものがアラフォーです。

過去は捨て、今をよくするためにゼロからチャレンジ!

独身が増えている現代、でも、アラフォーになって環境が変化すると、急に寂しさを感じるようになるものです。

これ、間違いありません!

よかった過去ばっかり振り返っても、現実はよくなりません。

過去を捨て、ゼロからスタートするために、一歩を踏み出しましょう。

d1bad63977c361cdfed027f5d46cd8d8_s

関連記事

うまくいっていないのなら自分を変えるしかありません

データで見る晩婚化(国勢調査の結果考察)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。