婚活パーティーってどうなの?

40台が若い人に混じって婚活パーティーやってもねえ、とにかく浮くだけだし、と思われるかもしれません。
でも最近は「中年向け」とうたったパーティーを用意している業者もあります。
そういったパーティーに参加しているぶんには、「浮く」とはないでしょう。

パーティーといっても飲み食いするわけではない

パーティーといっても、立食で自由に飲み食いするわけではなく、全員が話しでいる環境を第一に考えているので、誰とも話ができないということにはなりません。
例えば、最初に一対一で全員と話しをして自己紹介をする機会を作るなど、誰もが自由に話ができる雰囲気づくりを心がけているようです。
普通のパーティーにある参加者同士が自由に話をする時間というものがなく、常に参加者が話をしなければならない状況になっていている、いわゆるフリータイムがないパーティーすらあります。
婚活パーティーに慣れていない人は、フリータイムがないパーティーに参加して、異性と話をする環境に慣れた方がいいかもしれません。

パーティー後のオブリゲーションは一切なし

主催者側は、婚活パーティーを主催するだけです。

業者の会員になることもありません。業者のデータベースに登録されて、婚活パーティーの紹介メールなどが送られてくることはありますが、何かの購入や入会の勧誘は一切ありません。
業者は、パーティー後の後のことは一切関知しないので、例え相手が見つかったとしても、そのあとの変な売り込みなどは一切ありません。
もし、カップルが成立したら、連絡先や今後のスケジュールの相談は当人同士に任され、主催者は一切関知しないのです。
だから、かなり自由度が高いです。
最初は婚活目的でパーティーに参加したけど、いろいろな人と出会えて楽しいからと、何十回も参加する人もいるようです。
逆に、中年の婚活は自然な出会いが少ないのだから、数多くの婚活パーティーに参加して、異性と出会う機会をたくさん作った方がいいと思います。
業者は結婚までを保証しているわけではありませんから、今後の友人を増やす機会だと軽く考えるのがいいと思います。

費用はどれくらいかかるの

パーティーを主催する業者や内容にもよりますが、男性は4,000円から6,000円程度のようです。
そして、女性は若干安く設定されることが多いようです。

10d067308191a704de0d7ee739707666_s

関連記事

独断と偏見、婚活パーティー主催会社ランキング

参加者の傾向は

40代からの婚活パーティーの活用

カップルが成立した後

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。