婚活ではなく妊活を頑張るという考え方

婚活がどうしてもうまくいかない時、あなたがなぜ結婚したいのか、もう一度考え直してみましょう。

そして、子供が欲しいから結婚したいと思うのであれば、結婚せず子供だけ作ると言う方法もあります。

当サイトでもなんども触れていますが、40代の妊活は、妊娠可能限界がすぐそこに近づいているので待った無しです。

子供が欲しいという要望は、隠さず、第一優先で考えるべきかと思います。

結婚よりも子供が欲しいという欲望

結婚より子供が欲しいと言う女性は多いように思います。

タレントでも、子供ができた途端旦那が家庭を離れていき、結局子供を連れて離婚するというケースがあったと思います。

結婚より子供が欲しいという本能は、女性特有のもの思います。

男性には「後継」という考え方から子供を望む人はいると思いますが、純粋に子供が欲しいという考えかを持つ人は少ないのではないでしょうか。

また、男性の本能は子孫を残すことですからいつでも子作りをしたがります。

女性の本能は子育てですから、どんなに辛い状況でも子育ては諦めないと思います。

子供ができたことをきっかけとして冷え込む夫婦関係は多い

若いうちに結婚した友人には、子供ができた途端に旦那との関係が冷え込んだという人が多いのではないでしょうか。

奥さんは子供に夢中になり、旦那はそんな奥さんとのすれ違いが多くなり、離婚にすらならないけど、もう何年もセックスレスというケースは結構多いと思います。

ですから、40代で婚活する目的が、子供を作りたいということであれば、妊娠可能限界が近づいている今、婚活ではなく妊活のみを考えるという手はあると思います。

妊活のパートナーは独身でなくてもいいという割り切り

本能という部分だけに割り切れば、女性にとっては、妊活のパートナーは相手が独身である必要はないということになります。

これは、公序良俗に反したような内容になりますが、相手に迷惑かけない範囲であれば、自分の本当に好きな人が結婚していたとしても、妊活の相手として考えてもいいのではないでしょうか。

妊活の目的をもう一度考える

あなたの妊活の目的はなんでしょうか。もう一度考えてみて、もし子供が欲しいのが第一優先なら、割り切って考えましょう。

  • 子供を育てるのが目的
  • 好きな男性の子供を育てるのが目的
  • 結婚した男性の子供を育てるのが目的

妊活を急ごう

妊活を急ごうと思った場合、40歳を過ぎてからの妊活はなかなか大変なものがあります。

パートナーとなる人にもかなりの犠牲を強いる可能性があります。

一人で妊活を進める場合は、相当な覚悟が必要であると理解しましょう。

 

関連記事

40代一人暮らし婚活のための簡単な家庭料理

40代からの婚活のため断捨離

アラフォー男性が若い女性と付き合う

お付き合い時のメールやSNS利用上の注意点

40台からの婚活におけるミスマッチについて考える

40代からの婚活を成功させる!ポイント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。