40代・アファフォーでの結婚を勧める理由

結婚とは、一人ではなく二人で価値観を高めていくためにするものです。

40代で独身の方は、自分でそれなりの地位を築いてきた方がほとんどだと思います。

不安定な時代だから

今の世の中、過去の経験だけで今の地位を維持できることができなくなりました。

常に新しいスキルを身につけないと、あっという間に築いたものを失いかねません。

中年でのリストが多い理由

40代になると、管理職として役立つ人以外は、リストラの対象になる可能性が大きいです。

特に大手企業では、若手の優秀な人材がたくさんいますから、40代で管理職として不適切と判断された場合は、将来はリストラ候補です。

ただし、企業における人事評価は間違っていることが多く、いわゆるおつきあいを重視する傾向が大きいので、必ずしも実績や仕事の能力が評価されているわけではありません。

企業の実績を上げることが一番の組織の維持につながりますが、企業の実績は目の前の事象として捉えられないことが多く、従って組織の維持のみにエネルギーが使われることが多くなります。だから、評価も組織の維持を最優先にされ、評価者が使いやすい者が高評価される傾向にあります。

リストラ対策のために新しい「何か」に取り組んでみる

新しいことに取り組むということは、口で言うほど簡単ではありません。

新しいことに取り組んでも、強く意識しない限り今までの習慣に沿って行動してしまいます。

だからこそ、全く新しい習慣持つパートナーを持つことが重要なのです。

リストラを乗り越えるためにはパートナーが必要

リストラを乗り越えるためには、親身になって色々なアドバイスや手助けをしてくれるパートナーが必要です。

リストラにあった時に、もしパートナーがいたら、どんなメリットがあるのでしょうか。

  • 家族を支えなければならないと思うと、少しぐらいのハラスメントには絶えることができる。
  • 新しいスキルを身につけるための気づきを得ることができる。
  • 励ましや慰めなどにより精神的な支柱になってくれる。
  • 経済的に支えてくれる。

関連記事

関連記事がありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。