FitBit Charge2を使ってみた1

どんな形?

手首に巻きます。

時計にもなりますから、時計がわりにつけてもいいでしょう。

腕時計にこだわりのある方は、右腕につけると良いと思います。

右腕につけることもできます。

ベルト

CHarge2は、ベルト部分が交換できます。

いろいろな色に交換して、気分に合わせて交換してみましょう。

充電器

充電器はクリップで本体を挟みます。間違いにくいけど特殊な形状なんで、長期旅行ではこのクリップ型充電器を持ち歩かなきゃいけないところが不便です。

他の腕時計型ライフログデバイスも、充電器は汎用性がないので似たり寄ったりですね。

データ管理

スマホに登録してデータを管理

スマホに登録して、スマホ及びWebでデータを管理することができます。

設定自体は簡単、ホイホイできます。

データ管理の方法

事前に目標を決めることができます。

目標なんてわかんないよ、という人がほとんどだと思います。

そんな人向けに、オススメの目標も示されています。

スマホ・PCでデータの管理ができる

スマホもしくはPCで、自分の運動やダイエットに関するデータを一元管理することができる、現時点で理想的なダイエット管理手段です。

管理できるデータは次の通り

  • 歩数
  • 心拍数
  • 消費カロリー
  • 移動階数
  • 移動距離

スマホと連動することで管理できるデータ

  • ジョギング記録

別途入力することでまとめて管理できるデータ

  • 体重

体重は自動的に体重を入力可能な体重計が用意されていますが、日本は未販売です。

  • 摂取カロリー
  • 水分摂取量

リマインド機能

  • 運動機会
  • 快適な起床

目標管理

  • 歩数
  • 運動回数

データ共有

友達と目標を共有する機能があるから、競争が生まれてよりモチベーションが高まります。

関連記事

アラフォー・40代の婚活うつに注意

40代からの婚活は自分を魅せる努力をしよう!

中年のダイエットのためにできることは何でもやる2:食生活の改善によりダイエット

ライフログ取得デバイスにはどんなものがあるのか

ライフログ管理による毎日の食事を管理

ライフログの心拍数の活用

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。