株は投資は実は結構安全

株が資産保有系の投資と決定的に違うのは、物を長期間保つ必要がないので、失敗したと思ったらすぐに資金を引き揚げることができることです。

危険だと思ったら、スタコラッササ、すぐに資金を引き揚げることができます。

元金から目減りすることはありますが、元金がゼロになるようなことは、適切な投資をしていればまずありません。

ただし、日本の株投資家の9割は損をしているという話

それでも、株投資をしている個人投資家の役9割は損をしているという話があります。

どうしてでしょうか。

株取引の勉強をしていない

株投資の勉強は、日経新聞や大手投資関係の雑誌を見ることではありません。

極端の話、投資した企業の業績など見ないでも株投資で儲けることはできるのです。

損をしたときのことを想定していない

損したと思っても、その銘柄に恋をしてしまっていて、すぐに資金を引き揚げることができないから、傷口が広がるのです。

ギャンブルでもそうなんですが、競馬やパチンコなどは、一旦お金を投資したら、「失敗した!」と思っても、払い戻しすることはできないですよね。

でも、株は、ある株が有望だと思って投資して、期待通りに株価が上昇しなかった場合や、逆に株価が下がってしまった場合は、すぐに売却すれば、全額ではありませんがお金が戻ってくるのです。

投資の勉強をきちんとして、自分のルールを作り投資をすれば、傷口が大きく広がることはありません。

銘柄選びをきちんとやっていない

投資した株が儲かるかどうかではなく、自分の知っている企業や大企業を中心に銘柄を選んでいます。

株投資で儲けるということは、基本は安値で買った株を高く得るということです。

だから、これから株価が上がりそうな株、今あがっていて引き続き上がりそうな株を選ぶ必要があります。

大手企業だって潰れたり、整理される時代です。

企業名ではなく、会社の株が有望かどうかのチェックを優先して銘柄選びをしましょう。

これらをきちんと勉強すれば、株投資は決して危険なものではありません。

関連記事

NO IMAGE

投資でお金を何とかする

40台・アラフォーの不妊治療はお金がかかる

お金がない!をなんとかする

とりあえず証券会社に口座を開設しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。