アラフォーや40代女性の結婚相手に年下男性という選択肢

尊敬婚


テレビを見ていて知ったのですが、尊敬婚という言葉があるそうですね。

男性より女性の方が色々な面で優位に立っている結婚や結婚を前提としたおつきあいを指すそうです。

  • 仕事の肩書
  • 年収
  • 学歴
  • そして年齢

などが女性の方が上回っているケースです。

女性が家庭に入りたいとなった場合でも、尊敬婚の場合、女子側が男性を色々とリードすることが多いようです。

尊敬婚で女性が注意すべきポイント

年齢だけでは尊敬婚になはらない

男性が年下であっても、年収や仕事の肩書が上回っているケースは多くありますから、単純に年齢だけで尊敬婚を考えることは大きな間違いです。

尊敬婚で注意したい男性の「プライド」

男性でも自分の上司が年上であるケースはいくらでもありますから、雇用機会均等法以降、年下女性が上司であるケースも増えています。

でも、男性には女性には理解できないものがあります。

それは「プライド」。

尊敬婚の様々なポイントで男性のプライドが壁になるケースが発生します。

男性の場合上司が年下や後輩である場合、対等な話し方になることが多いようです。

たとえ配偶者であっても、年下の人が自分の年収や仕事上の肩書を上回っていると、男性側はだんだんストレスが溜まってくることが多いようです。

尊敬婚にあっている男性を選ぼう


では、尊敬婚にふさわしい男性ってどういうタイプでしょうか。

私生活にあまりプライドを持ち込まないタイプ、人を疑わないタイプが相応しいと思います。

一人っ子や長男

一般的に結婚相手として嫌われるであろう、一人っ子や長男がこれに当たると思います。

世間的には結婚で扱いにくいと思われている長男や一人っ子ですが、家庭で甘やかせれているぶん、世間擦れしていない人が多く、ポイントを抑えれば意外と素直な人が多いです。

わがまま放題に育ってきていますが、わがままな人は、割とわがままのポイントがわかりやすく、それ以外はあまりこだわらないという人が多いと思います。

兄弟がいないとか親からの愛を直接受けていたので、男性特有の「群れ」での掟について疎い人が多く、だから年上の人の従順なのも一人っ子もしくは長男の特徴です。

女性であっても年上に従順

圧倒的に女性のスキルが男性を上回る場合、男性は手も足も出ない相手には全面的に従うという群れの掟に従う傾向があります。

そんな中でも男性のプライドを配慮し、さらにうまく対応することが重要です。

尊敬婚での男性の取り扱い方のポイント

そうはいっても女性から見たら、男性ってとっても扱いにくいと思います。

尊敬婚で女性は男性をうまくリードする

特に尊敬婚は女性が男性をうまくリードしなければならない場面が多くなります。

男性のプライドを傷つけないようにうまくリードしてあげる必要があります。

男性は部下を扱うように

大前提として、尊敬婚の場合の男性の扱いは、部下を扱うようにしましょう。

結婚生活での明確な役割を与える

家庭内で男性にしかできない役割を与えることだ重要です。

男性は論理的に判断するので、その仕事がなぜ必要でいつまでやるのかを明確に示すとより良いです。

もし、その仕事に対するパフォーマンスが期待以下だったのであれば、どうしたら期待するパフォーマンスが出せるのかを優しく指導したあげることが重要です。

人前で立てる

男性はとにかくプライドが重要ですから、人前で立てることが重要です。

家事の役割は諦めず育てる

一人っ子や長男に家事を期待するのはやめましょう。

ただし、根が素直ですから、うまく誘導すれば自ら進んで手伝ってくれるようになります。

最近は家事を効率的にする家電も多くなっていますから、これらの導入を相談して、機械のできないところの補完などで家事を手伝ってもらうことにしましょう。

メカ好きな男性は多いですが、メカの守備範囲の中に家電が含まれる人は案外多いです。

アラフォー、40代女性があえて尊敬婚を選択する理由

アラフォー、40代女性は仕事である程度の成功を収めている人が多いと思います。

尊敬は愛より長続きする

そういった方にとって尊敬婚は、男性を部下と捉える普段の仕事の延長と捉えることにより、家庭内が円満になる可能性が高いということです。

群れでの生活に慣れている男性は、愛よりプライドを重視します。

一度勝ち得た尊敬は、群れ、つまり家庭が継続する限り継続する可能性が高いです。

愛情は年齢や時間を経るにつれて薄れがちですが、男性による尊敬は失われることはまずありません。

つまり、尊敬婚は結婚生活が波状する可能性が低いと言えます。

でも男性の女性の好みは普遍的


いくら尊敬を勝ち得ても、それがリーダーである場合、結婚生活は波状しないかもしれませんが、結婚として相応しいものなのかどうかは疑問が残るところです。

男性は可愛いか綺麗な女性が大好き

基本的に男性は、可愛い女性、綺麗な女性が大好きです。

ですから、いくらあなたの方が家庭内での相対的な地位が上だとしても、女性としての振る舞いも忘れないようにしましょう。

綺麗に

具体的な話では、家の中でいくら楽だからとオヤジのような格好で過ごすことは厳禁です。

格好だけでなく、家の中は綺麗に整理整頓を心がけましょう。

整理整頓が苦手な人は、常に必要最小限の持ち物を持つよう、断捨離を心がけましょう。

可愛く

男性は知ったかぶりをする人が嫌いです。自分は知ったかぶりが大好きなのに。

女性から見ると「どうしてこういう人?」と思うような、ぶりっ子とか天然ボケの人が好きなのは、知ったかぶりをあまりしないからです。

虚勢を張らず、苦手なもの、例えばゴキブリだとかの対応などは、正直に振る舞った方が男性側からは好意的に見られるはずです。

デートの時も、リーダーらしく自分でグイグイ引っ張るのではなく、なるべく男性を前に立てながら、男性が適切な判断ができるようなアドバイス役に徹しましょう。

無理に若く見せる必要はない

男性は若い女性が好きだと思われいますが、実はそうではないのです。

女性も年齢を重ねることにより色々な経験値を得て、何ができて何ができないかがわかるようになります。

そういった対応が、男性から見ると新鮮味に欠け、面白くないと感じるようになります。

男性が若い女性に走るのは、未知への探究心です。

常に新鮮な気持ちで男性に接することが重要です。

服装や化粧を無理に若々しくする必要はありません。

必要以上に地味にするのもよくありません。

この辺りはアラフォーの男性が目指すべきファッションと同様、極端にならないように注意する必要があります。

普通の女性がしているであろうセラピー、肌や髪のお手入れや、服装をするということです。

尊敬婚を目指す女性の御法度

ビジネスパーソンがするであろうストレス発散はしない

爆買い

自分へのご褒美

満足感のない消費はただの「浪費」はしない

日常生活においても、満足感の無い以下のような浪費や無駄遣いはしないように心がけたいものです。

これらは、ビジネスに成功している女性が陥りがちな、年下男性が好まない行為です。

日常生活の乱れはすぐに男性にわかってしまいますので要注意です。

  • 姉御ぶる
  • タクシーを使う
  • 自腹でノルマ
  • 毎日コンビニ利用
  • 引っ越し好き
  • 見栄っ張り

関連記事

アラフォーで「運命の人」と出会うにはどうすればいいのでしょうか。

40代婚活で付き合いを長続きさせるための対策

アラフォーだからって、恋する気持ちが大事。為せば成る!

40台からの婚活女性最初のデート対策

40代からの婚活にふさわしい方法:女性編

婚活もやっぱり最後は神頼み

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。