アラフォー・40代女性の婚活で注意したいこと

常に好奇心を持とう

男性が若い女性を好きなのは自分の好奇心を満たしてくれるから


若い女性と大人の女性の違い、それは人生経験です。

大人の女性は過去の経験値から、自信を持って若い男性と接することができます。

でも、実はそれが男性から見たら一番物足りないことなんです。

男性には全てをさらけ出そう

大人の女性であっても、常に相手をリードする立場であっても、今までの経験を全てリセットするつもりで、自分の全てをさらけ出すことにしたほうがいいです。

頼られているのと頼っている関係を、絶妙なバランスが必要です。

相手に好奇心を持とう

男性が若い女性に走るのは、若い女性は男性との付き合いが少ないぶん、何事に必死であることが、男性側から見ると新鮮に感じるからです。

アラフォー女性の婚活は、過去の経験にとらわれることなく、相手に好奇心を持ちながら過ごしましょう。

アラフォー、40代で独身ということは、多くの人が仕事でそれなりの地位を占めていたり、収入をもらっていると思います。

つまり、今までの自分の人生はそれなりに成功していると思っているはずです。

そこが、婚活の落とし穴になる可能性が高いのです。

結婚生活は二人で新しい価値を創造する事

現状を変えたくなければ結婚しなければいい

今の世の中、結婚しなきゃしないで何とでもなります。

ほとんどの人が結婚する時代であれば、だんだん遊び友達が少なくなって寂しい思いをしましたが、今は独身が多い時代ですから、何歳になっても遊び相手に事欠きません。

現状を変え新価値を創造することの素晴らしさ

独身でも何も困らない現代において、なぜわざわざ自分勝手が効かなくなる結婚を選ぶのでしょうか。

結婚は相手とともにだから、どうしても今までの自分を変えなきゃならない。

これができないと40代の婚活は成立しないと思って間違いないわけです。

40代でさらに仕事を極めていきたい時期なのに自分のやりたいことを我慢しなければならないんです。

でも、実は色々と我慢することによって将来得られる利益があるんです。

将来は本当に安泰?

あなたのキャリアは定年まで絶対安定でしょうか。

男女雇用機会均等法により、女性もある程度のキャリアを積める時代となりました。

ということは、キャリアを失うことも男性と同じ機会となったとしても不思議ではありません。

もしあなたが50代になったとして、多くの会社に管理職定年制度があるのをご存知でしょうか。

大きな会社であればあるほど、後進に道を譲る意味も含めて50歳半ばぐらいに管理職を引退するように規定されているはずです。

せっかく一生懸命頑張ってきても、子会社も含めて経営陣になれない限り管理職から引退しなければなりません。

家族は一緒に悩み、成長してくれる存在


今までリーダーとして第一線で会社を代表してきたのに、ある日以降は一社員として新しい管理職のサポートをしなければならないのです。

上昇志向が強ければ強いほど、この時の喪失感は大きいと思います。

その時にあなたの気持ちを慰めてくれたり、新しい人生を一緒に歩んでくれるのが家族です。

もしかしたら、一緒に起業してくれて、新たなやりがいを一緒に見つけられるかもしれません。

家族がいないと、なかなか自分を客観的に見つめることはできないでしょう。

結婚が新しい価値の創造であると思えないとどうなる

よく、家族のためにたとえ嫌な仕事であっても会社にしがみつく、という人がいると思いますが、こういった方は、おそらくは自分が思っているほど家族とはうまくいっていないはずです。

共に歩み共に成長する、それが本当の家族です。

そのためには、目先の自分の利益はひとまず脇に置き、将来のために必ずしも今は望まないこともしないといけないのです。

共に成長する気持ち、相手が自分と違うことを新鮮な気持ちで受け入れられない限り、アラフォー・40代の婚活はうまくいかないでしょう。

関連記事

アラフォーだからって、恋する気持ちが大事。為せば成る!

40台からの婚活女性最初のデート対策

アラフォーや40代女性の結婚相手に年下男性という選択肢

40代からの婚活で、女性が注意すべきものは何か

40代婚活女性が避けて通れない結婚後の妊活

婚活もやっぱり最後は神頼み

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。