40代婚活で付き合いを長続きさせるための対策

さて、なかなか良さそうな人と出会えたとしましょう。

どうやったら、お付き合いを継続することができるでしょうか。

独身中年男性と付き合うための傾向と対策です。

まず、多くの中年男性は、保守的というか、考え方をなかなか変えられない人が多いです。

よく言えば正直、悪く言えば頑固です。

ただ、根が正直で真面目ですから、いい人ばかりですので、それなりに対策をすれば、付き合いを継続できるどころか、きっとあなたのために行動してくれるようになるでしょう。

保守的、頑固ということ

なるべくなら、今の自分の生活を変えたくない人が多いです。

仕事とか私生活とか。

じゃ、なんで婚活しているんだ、というところですが、それは個人のいろいろな事情があるのでしょう。

結婚しても今の環境を変えたくないという人が多いです。

でも、保守的なのであれば、徐々に徐々に考え方を変えさせることは可能です。

ゆっくりと考え方を変えさせる

今の生活を変えたくないという保守的な人は、変えるのが怖い、変えるのが面倒臭いとか、いろいろなどうでもいい理由です。

そういう人たちは、ゆっくりゆっくり、新しい環境に適応させてあげれば、意外と簡単に新しい環境に適応していきます。

基本環境を変えるのは一番最後

まずは、あなたがいることで、そのほかの環境が変わらないように配慮しましょう。

今までの他の付き合いとか、趣味にかける費用だとかが変わらないようにします。

デートでの支払いは、基本は男性が支払うことになりますが、自分からも支払いを申し出てみましょう。その時に、きちんと理由、つまりあまり負担をかけさせると、今後長い付き合いになるとしたら、あまり負担をかけたくない、などの理由を添えましょう。

趣味を一緒に楽しみましょう

よほど変わった趣味でなければ、相手の趣味を自分も楽しんでみましょう。

男性にとって趣味とは、仕事以上に重要なものであったりします。

40台まで結婚せず、40台で婚活をしている人は、今まで趣味か仕事に打ち込んできた人がほとんどです。

仕事が趣味の場合

時々いますよね、仕事が趣味だという人。

その中でも、好きで専門的な方向に進んだという専門職の人と、特に趣味もなく毎日仕事以外にしてこなかったという人の2種類があります。

専門職な人

その人の仕事に関係することを趣味にしてみましょう。

ライターなら雑誌や関係する書籍を読んでみる。

エンジニアなら、その人が作っているマシンに関係すもの、経営者ならその会社に関係する業界に関するものか会社経営に関する本、とにかく仕事や業界に関係する情報を仕入れてみましょう。

仕事以外にない人

自分の趣味を提案してみましょう。

なんでもいいと思います。

手芸でも料理でも。

逆に、男性が多い趣味だと嫌がられるかもしれません。

趣味を持っていない人って、コミュニケーションが苦手な人が多いように感じます。特に同性同士のコミュニケーション。

ですから、男性の多い趣味より、女性が多い趣味の方が合うでしょう。

趣味を共有する

女性でも明確い趣味を持っている人が増えてきました。

従来の女性の趣味は、手芸とか料理とか、結婚を意識したものが多かったわけですが、40台婚活女性は、若いときに婚活を意識していなかったこともあり、こういった家庭的な趣味ではなく、もっとアウトドアな趣味をお持ちのようです。

もはやスポーツ観戦は男性特有の趣味ではないですし、釣りや登山なども女性の台頭が著しいのではないかと思います。

二人一緒に趣味を楽しむ

男性も一緒に参加できる趣味であれば、早めに相手に伝えましょう。

もし、相手が同じ趣味ならラッキーですし、自分と同じ趣味ではなかったとしても、引き込むことができれば、今後の人生をどれだけ豊かにすることができることでしょう。

同じ趣味を持つと自分の好きなことに干渉されそうで嫌だ、という人もいるでしょう。

でも、せっかくの婚活なのですから、できることなら価値観が同じ人を選びたいものです。

関連記事

出雲大社への行き方

40代婚活女性が避けて通れない結婚後の妊活

アラフォーでも結婚できる!私が取り持ったアラフォー男女の縁のご紹介

40台からの婚活女性最初のデート対策

40代婚活のために女声もダイエット

40代からの婚活にふさわしい方法:女性編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。