中年のダイエットは一生懸命運動してもなかなか痩せない

a0001_009101_m
中年になると、一生懸命ダイエットしても、なかなか痩せなくなりますよね。
外見は痩せていても、よく見るとお腹ポッコリな人とかも多くなります。
自分は40代前半で一大決意のもとダイエットを実行、半年で15Kg痩せました。
でも10年経って、元の体重に戻ってしまいました。
これではいかんと、以前を思い出し、一週間で5日程度、毎回5Kmぐらいのジョギングしているけど、全然痩せないです。
そんなわけで、自分の経験から、どうしてダイエットが成功しないのか考えてみたいと思います。

どうして太るの?の考察

  • 運動する時間が取れない
  • 食事の時間が不規則になる
  • 食事が自然と脂っこいものが多くなる
  • 睡眠時間が短く生活のバランスが崩れる

中年は忙しい

中年になると、職場でいろいろな責任を負わされることになります。
自分の仕事が終わったとしても、部下の仕事を見なければいけないし、上司にも気を使わなければならない。
そんなこんなで帰宅するのは終電に近い時間。
そんな生活じゃ、運動する時間など取れないし、そんな気力も湧いてきません。
そして毎日自分のお腹を眺めて、ため息ばかり
a1840_000010_m

食事の時間が不規則になると、なぜか脂っこいものを食べるようになります

IMG_0063
特にラーメン

夜のターミナル駅のそばでまともな食事を食べようと思っても、なかなか店がありません。
みんな居酒屋です。
お酒を飲まないで食事をしようとすると、牛丼屋かラーメンやということになり、中年サラリーマンが入りやすい店構えはどうしてもラーメン屋の方が多いので、仕事が忙しくなるとどうしてもラーメンを食べる機会が多くなってしまいます。

睡眠時間が短くなる

帰宅したからって、すぐに寝られるわけじゃありません。
よほどくたくただったらともかく、くたくたでも歩いて帰ってくると体がそれなりに燃焼していますから、その燃焼が静まるまでは寝られません。
体が落ち着くまでのぼーっとしている間、ついつい食べたくなるんですよね。
つまみとからお酒とか。
これじゃ、カロリー方になるに決まっています。

なぜ運動しても痩せない?

さて、自分もそうですが、忙しい中でもなんとか時間をとって運動している方もいます。
でも痩せない!なぜ?
a0002_001600_m

有酸素運動でのカロリー消費量はたかが知れている

ジョギングで消費されるカロリーは以下の数式でおおよその値がわかるそうです。

体重Kg×距離Km=消費エネルギーKcal

体重60Kgの人が5Km走ると消費カロリーは300Kcalということになりますね。
手元にあるアサヒスーパードライの100mlあたりのエネルギーは42Kcalとのことなので350ml缶だと147Kcalとなり、5Km走った時の消費カロリーはビール二本分ということになります。
たとえ30分ジョギングしても、ビール飲んじゃったらほとんどプラスマイナスゼロということになりかねません。
バージョン 2

筋トレも合わせて行う必要がある

いくらジョギングしても、ジョギングにより得られるカロリー消費は高が知れているので、普通に生活している時も代謝率を上げるて効率よく脂肪が燃焼するようにするためには、ある程度の筋肉をつけると必要があるようです。
つまり、ジョギングと筋トレをセットで考えないと、ダイエットに繋がらないのです。
本当は、ある日は筋トレ、ある日はジョギング、というように日を分けた方がいいようなのですが、この場合、それぞれの運動はかなり運動強度が高い必要がるのと、時間がなくて困っているサラリーマンが毎日運動をできるわけもありません。
ある研究報告では、筋トレの最中に有酸素運動をした人は、そうでない人に比べて運動後の代謝が高かったそうです。
筋トレの最中ということは、考え方を変えれば、筋トレの後に有酸素運動をしてもいいと言え、ジョギングの前に筋トレをすると良いことになります。
確かに、以前自分がダイエットに成功した時は、スポーツジムに通っていて、運動前にマシンで筋トレも合わせてしていました。
omori160214590I9A8417

食事制限も重要

もちろん、食事は脂っこいもの、カロリーが高いものは避けなければいけません。
残業の後の食事も、ラーメンではなく、できれば自炊するなどして、バランスの良い食事を心がける必要があります。
それが無理な無理な場合は、いよいよダイエット食品に手を出す必要があります。
そんなの女性用で男性が食べるものじゃない、なんて言ってられない事態ですよ。
a0002_004892_m

まずは手軽な改善から

筋トレとジョギングを混ぜて、食事は脂っこいものを避けて、って言われても、今の状況では無理だよ。
毎日夜遅くまで働いて、土日も出勤だし。
はい、わかります。
土曜日、日曜日の週二日だけのジョギングで消費されるカロリーはたかが600Kcal。
終電で帰ってくる毎日じゃ、一駅前で降りてウォーキングすることもできません。

  • とりあえずダイエット食品を試してみる
  • 毎朝15分だけ早く起きて、簡単な筋トレからスタートする
a0006_000031_m

ダイエット成功のためには明確な目的が必要

ダイエットでも資格取得でもなんでもそうなんですが、継続するためにはそれなりの理由が必要となりますい。
ここだけの話、私がダイエットに成功した時は、40代前半って女性にモテる最後のチャンスかな、なんて思っていて、実際周りにも魅力的な女性が多かったので、なんとかならないかなと思ったからです。
身長があまり高くないから、せめて痩せている方が今よりは女性から魅力的に見えるかもしれない。
はっきり言って、こんな不謹慎な理由でダイエットを始め、だから成功しました。
ただし、その目的は残念ながら叶うことはありませんでしたが。
でも、妻との関係はかなり良くなりました。
FCFG100104739

目的はあっても意志が弱い人はどうする?

確固たる理由もなく強い意志もない場合は、結局専門家の指導に頼るというてしかないという結論なんですが。
ライザップとかのダイエット専門のスポーツジムはそういうところです。
ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

すごい量の筋トレと厳しい食事制限、それを実行させるコーチ陣。
どうしても痩せたいという人は、ある意味理にかなっているので試す価値大有りです。
a1180_001262_m

関連記事

FitBit Charge2を使ってみた1

ライフログ取得デバイスにはどんなものがあるのか

ライフログの心拍数の活用

アラフォー・40代からの妊活に「運動」を取り入れよう

家庭料理のカロリー把握

中年のダイエットのためにできることは何でもやる1:快眠を得る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。