お金がない!をなんとかする

不妊治療にはお金がかかる


不妊治療にはすごくお金がかかるのです。
若い時の不妊治療は、排卵日を確認しながらホルモンを注射する「タイミング法」が主体で、これですと1回数万円の費用ですから、それほどお金がかかりません。
でも、タイミング法で上手くいかない場合、「人工授精」、「体外受精」、「顕微鏡受精」と、どんどん高度な治療になってゆき、その度に1回ごとの費用が高額になっていきます。
多くの場合、不妊治療にかかる費用は100万円〜200万円かかっているアンケート結果があります。

アラフォー・40代に忍び寄る賃金カットの恐怖

アラフォー・40代で結婚し不妊治療に取り組んでいる方は、もう一方で、忍び来る賃金カットの心配をしなければなりません。
若者は派遣社員ばっかり。
自分より年齢が上の高給取り社員はみんな退職。
アラフォー・40代の賃金カットは最後の砦です。
ina99_saifuaketara1en

現在の収入を維持するために考えられること

今の職業以外でお金を稼ぐ方法として考えられるのは、以下があります。

  • アルバイト
  • 投資
  • 副業の起業
  • オークションで不用品を売却

 

「投資」に注目

投資といっても数多くあります。

  • FX
  • 不動産
  • 太陽電池パネルオーナー
  • 昔は和牛オーナーというのもありましたね。

関連記事

とりあえず証券会社に口座を開設しよう

株は投資は実は結構安全

NO IMAGE

投資でお金を何とかする

40台・アラフォーの不妊治療はお金がかかる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。