40代からの婚活マナー:男性編

本当に結婚する覚悟はありますか?

まず、絶対に忘れてはならないことは、せっかく40代で婚活をしているのですから、絶対に結婚しようという、強い意志を持つことです。

婚活を成功させるために、自分の全てを捨てて婚活にかけるぐらいの覚悟が必要です。

そもそも結婚とは

結婚とは、自分と人生を共有する人を見つけることです。

自分の人生を共有したいという思いは相手も同じだと思ってください。

時間は限られている中で、自分の人生でやれることが半分になる可能性があるのです。

今まで、自由にやってきた経験は全て捨て去る覚悟が必要です。

ただし、お互いの人生が共有できれば、自分の今後の人生でもっと成長できるチャンスもあります。

基本編

  • 相手の話をよく聞く。
  • 相手の趣味についてよく確認する。次のデートは、相手の趣味に合わせた場所を自ら探して相手に提案する。
  • 自分を見せるのはチラリズムで。少しづつ。
  • 全てについて慎重に行動する。
  • 女性は一目惚れしないと心得る。ちょっと笑いかけられたぐらいで、自分に気があるとは思ってはいけない。
  • 清潔感を意識する。

デート編

  • まず相手の話を聞こう。デート場所の感想、食事の感想、趣味の話、仕事の話、そして大事な将来の話。聞くことはたくさんあるはず。
  • 自慢話はご法度。結婚は二人の未来のこと。過去ではなく未来について話をしよう。
  • 食事などの支払いは、まず自分が払う意思表示を示す。相手が自分で払うといったら、まだ相手は気を許していないという証拠なので、次回デートは慎重に。
  • 食事場所は小ぎれいな場所で。決して普段自分が利用しているガード下の居酒屋には連れて行かない。
  • 相手をキャバクラのおねーちゃんではない。上から目線やボディタッチは厳禁。キャバクラのおねーちゃんと結婚したいのなら、即座に婚活を止めて婚活費用を全てキャバクラ通い費用にすべき。

日常編

  • 健康には常に留意する。
  • 連絡はマメに。ただし、相手からの回答がなくても催促はしないこと。
  • まずはたわいのない相談や私生活での出来事などを連絡する。

関連記事

アラフォーの婚活も楽しむようにしよう

お付き合い時のメールやSNS利用上の注意点

40代からの婚活は妊活を意識すべし

人見知りでも臆せずに異性と会話できる方法

データで見る晩婚化(国勢調査の結果考察)

40代一人暮らし婚活のための簡単な家庭料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。